ヨーロッパ映画

真夜中のパリでヒャッハーのあらすじ&無料で動画フル視聴可能?

フランス映画

初めてこの映画を見た時の感想は、「とんでもない映画を見た!」でした。

間違いなく「ヒャッハー」してしまいました。

 

何がすごいかって、とにかく最初から最後まで何も考えずに大笑い出来ます!

ストレス解消にはピッタリの映画。

くだらないんだけど、最後までやりきっているというのが凄い!

 

これで全く笑えないという人なんているのかな?

まあ、映画や笑いは好みがあるから、くだらないと感じる人はいるかも知れません。

 

ちょいちょい下ネタもはさみながら、やりすぎていないので、そのクドさもない。

何となく「ハングオーバーシリーズ」に通じるところもある、フランス生まれの悪ふざけ満載の映画。

  • 「真夜中のパリでヒャッハー!」は
    U-NEXTなら無料で視聴可能
    (2020年7月現在)
  • 初回登録で31日間無料お試し視聴可能


公式
U-NEXTをお勧め!

初回登録「31日間無料キャンペーン」

真夜中のパリでヒャッハーのあらすじ

一人がずっとカメラ回してて「偶然すごい映像撮れちゃった」というPOV方式の映画

バカ騒ぎの映像が記録として全部残っているので、誰にも言い逃れなんか出来ない!

こんな映画を撮った監督、しかも主演を努めている「フィリップ・ラショー」に脱帽です。

しかも、この映画が監督デビュー作というのだから素晴らしい!

 

主人公は、出勤社勤務の「フランク(フィリップ・ラショー)」

漫画家志望のフランクは、自分の作品を社長位売り込もうとします。

 

そして、そんなフランクが社長から頼まれたのは、

「子供の面倒を見て欲しい」

ということでした。

作品を売り込みたいフランクは、社長の頼みを断ることは出来ず、悪友が予定していたパーティーをキャンセルして社長の豪邸に向かいます。

 

フランクを待っていたのは、甘やかされて育ったクソ生意気な子供「レミ」

このレミが好き放題暴れます。

フランクが父の部下なのをいいことに、レミはフランクに無理難題を押し付けてしまいます。

そこに、フランクの悪友たちが押しかけて、バカ騒ぎが始まりました。

 

翌朝、夫婦で外出していた社長のもとに、警察から「ご自宅が大変な事になっています。」という連絡が入ります。

そして自宅に戻ると、家はメチャメチャに荒らされ、フランクとレミは行方不明。

警察は、誘拐事件として捜査を始めます…

題名と日本公開&続編など

この映画の原題は「Babysitting」で、日本語にすると「子守をすること」になりますね…

この題名で日本公開されたら、多分あまりインパクトはなかったもしれません。

しかし、「ヒャッハー」という擬声語を題名に含めようと考えた人は誰だろう?

 

最初、この題名を見た時「なんてふざけた題名だ!」と思いましたが、映画を見た後、「この題名で良かったかも!」と思いました。

確かに、映画を見て「ヒャッハー」ってなりました。

 

日本での公開日は「2017年1月21日」で、実はこの映画には続編もありますが。日本では何故かこの続編の方が早く公開されています。

続編の名前は「世界の果てまでヒャッハー!」で、日本で公開されたのは2016年11月になります。

「真夜中のパリでヒャッハー!」について

項目 開催時期
製作年 2014年
監督 フィリップ・ラショー、ニコラ・ブナム
出演者 フィリップ・ラショー、アリス・ダヴィ、ヴァンサン・ドゥサニャ、タレク・ブダリ、ジェラール・ジュニョー ほか

フィリップ・ラショーについて

この映画で主人公を演じているのが「フィリップ・ラショー」

そして、この映画では監督デビューも果たしています。

実は、「フィリップ・ラショー」さんは、去年も少し話題になっています。

 

北条司さんの漫画「シティーハンター」が、この人の監督・脚本・主演により実写化され、2019年11月に日本でも公開されたからです。

「フィリップ・ラショー」は、小学生の頃から「シティーハンター」の大ファンだったそうです。

 

漫画「シティーハンター」は、フランスでは大人気の漫画で、フランス版主人公の名前から「Nicky Larson(ニッキー・ラーソン)」という題名になっています。

この主人公「Nicky Larson(ニッキー・ラーソン)」の明るくてユーモアたっぷりの性格は、フランス人も大好きだそうです。

因みに、原作の主人公名は「冴羽 獠(さえば りょう)」です。

 

「フィリップ・ラショー」は、「シティーハンター」の権利元である北条司さんの事務所へ、実写版の企画書/プロットを直筆の手紙と一緒に送ったそうです。

そして、それが気に入られたことから、今度は18か月をかけて書いた脚本を携えて来日し、映画化をお願いしたら快諾されたとの事です。

 

実写化は失敗することも多く、フランス人の間でも実写化に心配する声もあったそうです。

しかし、彼は、原作に可能な限り忠実であることを目指して制作し、フランスで公開されるやいなや、2週間で観客動員100万人を突破し大ヒットしたそうです。

原作が既に人気があったことも下地にありますが、「フィリップ・ラショー」の「シティーハンター」愛が、観客に伝わったのもヒットした要因ではないでしょうか?

お勧めの定額動画配信サービス

2020年7月現在、U-NEXTでは『真夜中のパリでヒャッハー!』が無料視聴可能です!

U-NEXTは、映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も充実しており、日本国内最大級のコンテンツ数を揃えた、日本最大級の定額動画配信サービス!

U-NEXTを利用すると、下記のような様々なメリットを体験できます。

  • 「真夜中のパリでヒャッハー!」は
    U-NEXTなら無料で視聴可能
    (2020年7月現在)
  • 初回登録で31日間無料お試し視聴可能


公式
U-NEXTをお勧め!

初回登録「31日間無料キャンペーン」

ネット上の反応

まとめ

この映画の感想ですが、「バカバカしいけど、超面白い!」

これが全てです。

あまり何も考えずに、笑って見ていられます。

 

次から次に、とんでもないことが起きるので、あっという間に時間も過ぎます。

何か悲しいことがあった、辛いことがあった、面白くないことがあった。

そんな時にこの映画を見たら、嫌なことも全部忘れます。

そんな映画です。

 

「真夜中のパリでヒャッハー!」の先に公開されていますが、続編が「世界の果てまでヒャッハー!」、そして「アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件」という映画でも、「フィリップ・ラショー」は監督、脚本、主演を努めています。

3本とも、バカらしくて面白いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Hironori Eguchi