ハリウッド映画

インターステラーのキャスト&あらすじ、無料フル視聴可能の動画サービスはどこ?

インターステラー

インターステラーは、2014年に公開されたSF超大作映画。

つい最近見たような気がしますが、もう6年も前の映画でした。

そして、見ている時は、壮大な物語に引き込まれていたのでそんなに気になりませんでしたが、169分と長~い映画です。

 

未知の世界を表現している映画で、4次元や5次元の世界、ブラックホールなども登場しているので、1回見てもわからないと言う人も多かもしれません。

ですが、「IMDb」でも評価は10店満点中「8.6」と、世界的にかなり高い評価を受けている映画です。

残念ながら、アカデミー賞は「視覚効果賞」だけに留まりましたが、興行収入は全世界で6億7,000万ドルを超えています。

  • インターステラーを見たいという方
    U-NEXTなら無料でフル視聴可能
    (2020年9月現在)
  • 初回登録で31日間無料お試し視聴可能


公式
U-NEXTをお勧め!

初回登録「31日間無料キャンペーン」

インターステラーの監督について

インターステラーは、クリストファー・ノーランが監督、クリストファー・ノーランと弟のジョナサン・ノーランが脚本を担当。

イギリス出身の偉大な監督でヒットメーカーのクリストファー・ノーラン。

彼の作った映画は、映画ファンなら誰でも一つはお目にかかっているはずです。

クリストファー・ノーランが関わった映画は、非常にスケールが大きく、難解な設定のテーマも多いですが、それにも関わらず殆どの映画が大ヒットしています。

彼の映画は、映像の美しさ、迫力、本物の追求、人間心理への探求などが特徴で、単なる娯楽としての映画ではなく、芸術作品とも言えるほど他とは一線を画した作りになっています。

 

インターステラーに関しては、全く未知の出来事を題材にしており、4次元・5次元・ブラックホールの描写など、科学的考証を用いた演出の他、人間の愛、時間、ヒューマニズムなど、様々な要素を織り交ぜた壮大な物語に仕上がっています。

 

この映画の成功は、クリストファー・ノーランだけの力ではなく、共に脚本家として臨んだ弟の「ジョナサン・ノーラン」の力も大きかったと言われています。

ジョナサン・ノーランは、あの大ヒットしたテレビドラマ「パーソン・オブ・インタレスト 」の原案者で製作総指揮者でもあり、話題の「ウエストワールド」でも原案/製作総指揮として加わっています。

要するに、兄弟揃って天才なんですね…

インターステラーのキャスト

役柄 俳優 日本語吹替担当 内容
ジョセフ・クーパー マシュー・マコノヒー 小原雅人 地球を救うために宇宙へと旅立つ主人公の元空軍パイロット。
かつてはNASAの技術者でテストパイロットを務めていたが、テスト機を墜落させた過去がある。
地球が食糧危機に陥り、NASAは閉鎖されたため、農業を営んでおり、政府が宇宙計画など無かったこととしている現実に不満を持っている。
アメリア・ブランド アン・ハサウェイ 園崎未恵 地球を救うためにクーパー達と宇宙へと旅立つ、宇宙船のパイロットかつ科学者。
父親は、「ラザロ計画」の中心人物である「ジョン・ブランド博士」。
人類が住める星を探すために、帰れる見込みがない宇宙に旅立つ。
また、恋人であり先に旅立ち行方不明になっているミラー博士の行方も探している。
ニコライ・ロミリー デヴィッド・ジャーシー 山岸治雄 地球を救うためにジョセフ・クーパー達と共に宇宙へと旅立つ科学者。
宇宙では船酔いに苦しむ。水に満ちた星の探索には同行せず、宇宙船に1人で残る。
水に満ちた星では時間の進み方が違うため、クーパー達が星で過ごしたのは数十分だったが、宇宙船では23年が過ぎていた。
ドイル ウェス・ベントリー 小松史法 地球を救うためにジョセフ・クーパー達と共に宇宙へと旅立つ科学者。
ジョセフ達と水に満ちた星へ向かうが、シャトルに戻るのが遅れて高波にさらわれてしまう。
TARS "ターズ" 声:ビル・アーウィン 多田野曜平 ジョセフ・クーパー達と共に宇宙へと旅立つ人工知能ロボット。
人間型のロボットではなく、ブロックが積み重なった直方体のロボットで、折り曲がったりと形を変えるることや早く走る事なども出来る。
ジョークもプログラミングされており、正直度レベルは90%。
最後までジョセフと共に行動する。
CASE "ケース" 声:ジョシュ・スチュワート 丸山壮史 ジョセフ・クーパー達と共に宇宙へと旅立つ人工知能ロボット。
ターズ同様、ブロックが積み重なった直方体のロボットで、折り曲がったりと形を変えるることや早く走る事なども出来る。
水に満ちた星にも同行し、津波に飲み込まれそうになったアメリアを抱きかかえて走り、命を救う。
ヒュー・マン マット・デイモン 土田大 「ラザロ計画」の立役者で、ジョセフ・クーパー達に先立ち最初に宇宙へ飛び立った科学者。
氷で覆われた星は人類が生存可能であると地球に信号を送り、自らは冷凍睡眠で助けを待っていた。
しかし、生存可能としたデータはねつ造で、それに気づいたジョセフを殺害しようとする。
マーフィー・クーパー(マーフ) ジェシカ・チャステイン 岡寛恵 ジョセフ・クーパーの娘で、「マーフィーの法則」から付けられた名前を嫌っている。
頑固な性格で、行かないでと行ったにもかかわらず旅立った父親に怒り、父親へのビデオメッセージは送らない。
NASAのブランド博士の下で一緒に研究するようになるが、博士の理論では上手く行かないことを知っていながら騙していた博士に憤りを感じる。
最終的に、父親ジョセフの助けもあり、人類を救う解決策を発見し、人類を救う「英雄」となる。
マーフ(幼少期) マッケンジー・フォイ 諸星すみれ ジョセフ・クーパーの娘、マーフの幼少期。
科学に興味を持っており、現在では無かったことと否定されている、アポロ計画の月面着陸の写真をクラスメイトに見せたことで、学校を停学処分になる。
部屋に幽霊がいると父親に訴え、父親には相手にされないが、実はそれが後々地球を救う大きな出来事だと気付く。
マーフ(老年期) エレン・バースティン 沢田敏子 ジョセフ・クーパーの娘、マーフの老年期。
50年の月日が流れ、病気で死が近づいているが、父親が発見されたことを知り、死ぬ前に父親との再会を果たす。
時間の流れが違う父親とは、年代が逆転しており、父親は別れた時の若い姿のままである。
再会した父親に、宇宙に取り残されているアメリアの元に行くよう促す。
ジョン・ブランド教授 マイケル・ケイン 有本欽隆 かつてのNASAでのジョン・クーパーの上司であり、「ラザロ計画」の中心人物。
NASAが表向き閉鎖された後も、人類を危機から救うため研究を続けていた。
スペースコロニーで人類を宇宙に向かわせるため必要な方程式の研究に没頭しているが、実は解決できないことを最初から知っていた。
そのため、ヒュー・マン博士にプランBの計画を実行させるため、ジョセフ達にも嘘をつき宇宙に送り込んでいた。
トム・クーパー ケイシー・アフレック 加瀬康之 ジョセフ・クーパーの息子。
成績優秀だが、大学に行くほどの学力がないため、農業の道に進むことを早くから決めていた。
高校は2番で卒業し、ロイスと結婚するが、最初の息子ジェシーは亡くなってしまい、2番目のクープも劣悪な環境のために喘息を患っている。
マーフにクープを医者に見せるように言われるが、意地を張って見せない。
トム(幼少期) ティモシー・シャラメ 上村祐翔 ジョセフ・クーパーの息子トムの幼少期。
演じるのは、「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた「ティモシー・シャラメ」
整った顔、時代を象徴するアイコンで、ハリウッドの新時代におけるホープであり、若くして演技力が高く評価される実力派俳優。
ドナルド・クーパー ジョン・リスゴー 福田信昭 ジョセフ・クーパーの義理の父親。
自分の娘であるジョセフの妻は、脳の嚢胞(のうほう)で亡くなり、ジョセフ・トム・マーフィーと4人で暮らしている。
宇宙に旅立つジョセフに、子供たちの事を頼まれる。
亡くなった後、娘と同じ墓に埋葬される。
ロイス リーア・ケアンズ 鷄冠井美智子 トム・クーパーの妻。
最初の子供であるジェシーは幼くして亡くなり、クープも体調が悪く常にせきをしている。
マーフから、クープを医者に見せるように言われるが、反対するトムには逆らえない。
ゲティ トファー・グレイス 松本忍 NASAでのマーフの同僚。
ブランド教授が解けなかった方程式を解こうとするマーフに協力している。
マーフがついに方程式を解いて「ユリイカ」と叫んだ時、マーフにキスをされる。
校長 デヴィッド・オイェロウォ 水内清光 トムやマーフの通う学校の校長。
トムを大学に通わせたいと言うクーパーに、食糧難のため大学に通えるのは一部のみであり、トムの学力では難しいことを説明する。
ウィリアムズ ウィリアム・ディヴェイン 小島敏彦 NASAの職員の1人。
NASAの施設に導かれたクーパーが出席した会議に参加していた。
管理者 エリス・ガベル 北田理道 土星の軌道上に建造された巨大スペースコロニー「クーパー・ステーション」にある博物館の管理者。
ハンリー先生 コレット・ウォルフ 合田絵利 マーフの担任の先生。
アポロ計画による月面着陸の写真を、マーフがクラスメイトに見せていたことを問題視し、話をするためにジョセフを学校に呼び出す。
アポロ計画はねつ造だと信じており、実際にアポロ計画に関わっていたジョセフに反論される。

インターステラーのあらすじ

映画の舞台は、近未来。

地球規模の異常気象や、砂漠化により植物が枯れることで起きる食糧危機のため、人類は滅亡の危機にさらされていました。

元NASAの職員で宇宙飛行士だった「ジョセフ・クーパー」は、義父と息子のトム、娘のマーフィー(マーフ)とともに、トウモロコシ農場を営んでいます。

 

マーフは、自分の部屋の本箱から本が勝手に落ちるのを不思議に思っており、幽霊のせいだと信じています。

最初は、クーパーも全く相手にしていませんでしたが、砂埃の際にマーフが窓を締め忘れていたため、部屋の中で不思議な現象が起きており、幽霊のせいではなく、誰かによる重力波を使ったメッセージではないかと考えます。

そのメッセージを解読し、それが指し示す場所に向かうとそこは秘密の施設で、黙って車の中に隠れていたマーフとともに、身柄を拘束されてしまいます。

 

そこは、閉鎖されていたNASAの施設で、出迎えたのはかつての仕事仲間であるブランド教授と、その娘の科学者アメリアでした。

そこでは、NASAが秘密裏に土星近くのワームホールを抜けて、別の銀河に行き、人類が移住可能な星を見つけ移住するというプロジェクト「ラザロ計画」を遂行していたのです。

博士の話によると、既に3名の科学者が宇宙に飛び立っており、入職が期待できると思われる惑星から信号が送られていることを知ります。

 

そして、導かれるように来たクーパーに、この「ラザロ計画」を実行するためのパイロットとして参加して欲しいと説得します。

しかし、仮に帰ってこれたとしても、それがいつになるのかわからないミッションに、娘のマーフは激しく反対します。

最終的に、クーパーは、子供たちの未来のために、そして人類の生きる道を探るために、ミッションに参加することを決めます。

お勧めの定額動画配信サービス

2020年8月現在、U-NEXTでは『インターステラー』の視聴に440ポイント必要ですが、初回登録で600ポイントもらえるので、『インターステラー』は無料視聴可能です!

U-NEXTは、映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も充実しており、日本国内最大級のコンテンツ数を揃えた、日本最大級の定額動画配信サービス!

U-NEXTを利用すると、下記のような様々なメリットを体験できます。

  • インターステラーを見たいという方
    U-NEXTなら無料でフル視聴可能
    (2020年9月現在)
  • >

  • 初回登録で31日間無料お試し視聴可能


公式
U-NEXTをお勧め!

初回登録「31日間無料キャンペーン」

インターステラーで使われた主な音楽

インターステラーで使用された主な音楽は、下記になります。

Dreaming of the Crash - Hans Zimmer

Cornfield Chase - Hans Zimmer

Dust - Hans Zimmer

Day One - Hans Zimmer

S.T.A.Y. - Hans Zimmer

Mountains - Hans Zimmer

Message from Home - Hans Zimmer

A Place Among the Stars - Hans Zimmer

Coward - Hans Zimmer

No Time for Caution - Hans Zimmer

Detach - Hans Zimmer

Where We're Going - Hans Zimmer

What Happens Now? - Hans Zimmer

First Step - Hans Zimmer

Atmospheric Entry - Hans Zimmer

No Need to Come Back - Hans Zimmer

Flying Drone - Hans Zimmer

Imperfect Lock - Hans Zimmer

The Wormhole - Hans Zimmer

I'm Going Home - Hans Zimmer

Afraid of Time - Hans Zimmer

Running Out - Hans Zimmer

Do Not Go Gentle Into That Good Night
○Hans Zimmer, John Lithgow, Ellen Burstyn, Casey Affleck, Jessica Chastain, Matthew McConaughey, Mackenzie Foy

ネット上の反応

まとめ

2014年公開のSF超大作「インターステラー」

現在の地球とは全く違う姿や環境ですが、現在の環境問題や、多発する地震などの自然災害、今年のコロナ禍などを考えると、こんなの現実にはありえないとも言い切れない映画です。

近い将来、このような状況が本当に来るのではないかと思わせるような映画です。

 

また、宇宙の姿など、徹底的に科学考証を重ねたらしく、全くのイマジネーションで表現されたとは言え、映画の中に出てくるブラックホールの描写などは、実際にこうなっているかもと思わせるような映画に仕上がっています。

かなり時間は長い(169分)ですが、SFや宇宙などに興味のある人は、グイグイ画面に引き寄せられるような感覚に陥ってしまいます。

 

しかし、難解なテーマであるゆえ、宇宙などに興味がない人は、全くはまらない、評価が2分されるような映画かもしれません。

2度3度と見るうちに、色々なことの理解が進み、益々興味がかき立てられる映画でした。

個人的には、かなりハマった、超お勧め映画「星4.8/5.0」です。

(-0.2は、自分にとっては苦痛ではなかったけど、時間が長いと感じる人がいるかもと思ったので…)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Hironori Eguchi
関連記事