アメリカドラマ

Chuck/チャックシーズン2:第5~8話あらすじ、チャックの元カレと裏切り

Chuck/チャック

前回の「チャックシーズン2エピソード4」では、サラの高校時代が出てきます。

サラの高校時代は、散切り頭に未だに矯正装置を固定していて、今とは似ても似つかない、かなりイケてない姿をしていました。

車で自宅に帰ったら、父親が警察に捕まり連れて行かれるところでした。

 

その姿を見て、サラは一人ですぐに逃げ、前もって父親が指定してあったであろう隠し場所に、荷物を取りに行きます。

そこには箱があって、何かあった時の緊急用のお金が入っていました。

 

そこに現れたのが、暫く前の回ですり替えられた新インターセクトを開こうとして爆発し亡くなってしまったグラハムCIA長官。

サラが、CIAに入ったきっかけは、グラハムCIA長官に誘われたこの時でした。

 

エピソード4の最後に、サラが「一つだけ過去の質問に答える」と聞いた時の、チャックの返事。

その返事を聞いた時のサラの笑顔が、とても素敵でした!

少しづつ二人の距離が近づいてきそうです。

  • 「Chuck/チャック」は
    Huluなら無料視聴可能
    (2020年7月現在)
  • 初回登録で2週間無料お試し視聴可能


公式
Huluで無料お試し

初回登録なら「2週間無料トライアル!」

S2エピソード5/チャックVSミサイルコマンド

エピソード5のストーリーは、今や変態チックなジェフが、TVゲーム「ミサイルコマンド」の新世界チャンピオンとして君臨した輝かしい25年前の姿から始まります。

 

バイモアには、指導員として本部から「エメット・ミルバージュ」がやってきました。

このエメットを演じているのは、「トニー・ヘイル」さんです。

この人は、見た目もそうですが、わりと癖のある役を演じることが多い役者さんです。

「インフォーマント!」「デンジャラス・バディ」「エージェント・ウルトラ」などの映画や、ドラマ「Veep/ヴィープ」ではメインキャストとして出演しています。

 

チャックは、バイモアの入り口にいる男を見てフラッシュしてしまう。

その怪しい男に近づいたら、ある男を探していると見せられた写真の男は、なんと「ジェフ」でした。

何とも不思議な顔をする「チャック」

 

その男は「ファルーク・バルサラ」と言う名前のテロリスト

ジェフとの関わりがわからないので、ケイシーとサラにジェフと仲良くして過去の話を聞けと迫られるチャック…とても嫌そう…

 

仕事が終わった後、ジェフとプレイルームでビールを飲むことになったチャック。

プレイルームで、誰にも見せたことがないというビデオを見せられると、そこには25年前のジェフと、トロフィーを掲げるアタリ社の社長兼ゲーム開発者の「モリモト」氏。

ここで、チャックがフラッシュ…

今回は、ジェフを中心にストーリーが進みます。

S2エピソード5で流される主な音楽

シーズン2エピソード5で流される主な音楽は、下記になります。

All Out of Love – Air Supply
これまた、懐かしい歌です。

Council Estate – TRICKY

Tom Sawyer – Rush

The Touch – Stan Bush
1986年のアニメ映画「トランスフォーマー ザ・ムービー」の挿入歌として有名

Sleepdriving – Grand Archives

On Sale Now (From “Chuck”) – Daniel May
またこの音楽、プロデューサーは大好きですね…

S2エピソード6/チャックVS元カノ

チャックは、ブライスの策略(本当の理由はチャックを守るため)でスタンフォード大学を退学になったのが、ずっとコンプレックスになっていました。

前回のエピソードの最後に、サラが大学にチャックの貢献ぶりを単位として認めろと掛け合い、チャックは本当の卒業証書を貰ったのでした。

 

冒頭は、カンニングでスタンフォード大学を退学になり、バイモアの仕事を抜け出し、バーバンクから557キロも車を飛ばしてきて、大学の寮に戻ってきたのでした。

それは、当時の恋人ジルに窓の外から「愛している」と伝えるため。

しかし、ジルには「もう終わった」と言われ、ジルの友達には「今は、ブライスと交際中」と言われてしまう。

 

ところで、「ジル」を演じているは「ジョーダナ・ブリュースター」さんです。

「ワイルド・スピード」の「ミア・トレット」と言えば、直ぐ分かる人もいるでしょう。

でも、チャックで見る「ジル」は、「ミア・トレット」と同一人物には見えません。

メガネも掛けており、最初見た時には全く気付きませんでした。なぜだろう…

 

チャックは、バイオカンファレンス2008の会場に技術担当者として来ていました。

顔を上げたら入り口から入ってくる「ジル」を発見。

思わず机の下に隠れたが、直ぐ見つかってしまう。

 

ジルは医用生体工学で博士号を取り、今日は感染症に関する発表で来たと言う。

ジルに話しかけてきたのは、ジルの上司の「ギイ・ラフレール」

チャックは「ギイ」を見てフラッシュ。

「ギイ」は、ヨーロッパの製薬会社の主任研究員で、MI6によると、闇で高値がつく生物兵器の開発者でした。

S2エピソード6で流される主な音楽

シーズン2エピソード6で流される主な音楽は、下記になります。

Pumpin’ for Jill – Iggy Pop

Papa Loves Mambo – Perry Como

It Makes My Heart Break – Your Vegas

Time and Space – The Accidental

On Sale Now (From “Chuck”) – Daniel May

S2エピソード7/チャックVSオペラ

前回、サラが殺した暗殺者は、フルクラムから派遣されたCIAの裏切り者でした。

ザラとケイシーは、ベックマン将軍に、実態解明にジルも利用できるので、おとりに使えと指示されます。

 

また、チャックは、毒物を撒かれ死にそうになっていたケイシーや会場の人達の命を救ったことで、外にいた警察・FBI関係者からヒーロー扱いされます。

おまけに、ジルとの仲も好転し、チャックはとても嬉しそうで笑顔が絶えない、反面、サラは浮かない顔…

というのも、サラはジルの部屋に仕掛けていた盗聴器で、2人の会話を聞いていたから。

 

イヴォンヌ・ストラホフスキーも、喜怒哀楽の演技が非常に上手い。

演技だとわかっていても、目の動きや表情だけで気持ちが伝わってくる。

 

チャックはジルとの仲が好調、バイモアの屋上でデートしたり…しかし、しっかり監視されているのが気に食わない。

サラとケイシーへの新しい任務は、死んだ「ギイ」が持っていたCIA局員のリスト/フルクラムのスパイリストを、「ギイ」のホテルの部屋へチャックとともに行き探すこと。

 

サラは、チャックに大丈夫か聞くと、チャックはまるでサラへの気持ちをすっかり忘れたように、ジルへの気持ちを話し始め、サラは辛いはずなのに笑顔を見せながらじっと話に耳を傾けます。

この辺の関係を見ていると、サラは大人で、チャックが凄く子供っぽいと思えます。

 

今回、フルクラムのスパイとして出演するのは、「マーク・ペルグリノ」さんです。

彼は、色々な映画や海外ドラマに出演して、主に悪役として登場するベテラン俳優です。

スーパーナチュラルでは、「ルシファー/ニック」として20エピソードほど出演、LOSTでは重要な役のジェイコブとして7エピソード出演しています。

 

このエピソードでは、サラとチャックの少しコミカルで、後で回想録にも登場する印象的なシーンが出てきます。

S2エピソード7で流される主な音楽

シーズン2エピソード7で流される主な音楽は、下記になります。

Keep Yourself Warm – Frightened Rabbit

Buildings & Mountains – The Republic Tigers

Libiamo Ne' Lieti Calici (from 'La Traviata') – Verdi
オペラです

S2エピソード8/チャックVS遊園地

チャックとジルの仲が本格的になり、チャックは浮かれています。

前回エピソードの終わりで、暗号化されていたデータが解読され、フルクラムのスパイの中にジルが含まれていることがわかります。

サラとケイシーは、慌ててチャックの部屋に行ったが、チャックはGPSの付いた時計を部屋に置いたまま、二人は消えていました。

 

チャックとジルは、電話がかって来てもホテルで楽しく過ごしていました。

ジルがシャワーに行った時、ジルに電話がかかってきて、チャックがジルに渡そうとし、たまたま目に入ったメールにフラッシュしてしまいます。

チャックは、その瞬間ジルがスパイだということに気が付きます。

 

コーヒーを買うと言い外に出て慌てているところを、誰かに引き込まれたら、そこには怒っているケイシーとサラが…

ジルのスパイネームは「サンドストーム」

ケイシーとサラは、チャックにそのまま部屋に戻るよう言います。

 

モーガンは、エリーに今年の感謝祭は大事な日なので「来ないで」と言われ、ショックを隠しきれません。

おまけに、店長ビッグマイクの命令で、感謝祭はレスター、ジェフとの3人で、店の警備をしろと言われてしまいます。

 

ジルがチャックをデートに連れて行った場所は、遊園地の観覧車。そこでジルは…

S2エピソード8で流される主な音楽

シーズン2エピソード8で流される主な音楽は、下記になります。

Can You Tell – Ra Ra Riot

Hot Mess – Sam Sparro

Knock Knock – The Accidental

  • 「Chuck/チャック」は
    U-NEXTなら無料で視聴可能
    (2020年7月現在)
  • 初回登録で31日間無料お試し視聴可能


公式
U-NEXTをお勧め!

初回登録「31日間無料キャンペーン」

まとめ

シーズン2エピソード5~8までは、新しい出演者が何人か現れます。

まず、バイモアの指導員として本部から「エメット・ミルバージュ」がやってきます。

最初は指導員の立場として従業員の面接を行いますが、あまりの質の悪さに副店長として残ることを選択します。

このエメットを演じているのは「トニー・ヘイル」さんで、まるでこの人のために脚本を書いたような癖のある役柄です。

 

もう一人は、ワイルド・スピードのミア・トレットとしても有名な「ジョーダナ・ブリュースター」さんです。

この人が演じるのは、チャックの元カレ「ジル」

大学時代にもチャックを悩ませたジルが、久しぶりにチャックの前に現れます。

心惹かれたチャックですが、実はフルクラムのスパイというのがわかり、再度チャックの心が打ち砕かれてしまいます。

 

その影で、チャックに心を惹かれていますが、立場上自分の気持ちを言えずに、じっと絶えながらチャックの警護に当たるサラ。

ドラマ「チャック」のファンが願うことは、ただ一つ。

早くお互いの本当の気持ちを吐き出して、幸せに結ばれること。

これではないでしょうか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Hironori Eguchi